Translate »
  • Chinese(Simplified)
  • English
  • German
  • Italian
  • Korean
  • Russian
  • Thai
特集記事
編集部が取材した記事を楽しむ事が出来ます。

【紹介/試走】200 Vol. 4(電子書籍2012年2月号掲載)

2014.02.04

無題時代とともに変わり行くフラッグシップの在り方

マイチェンの内容がオフロード寄りだったことに驚いたが、プラドに対するフラッグシップの正常化と言えるだろう。200系はこれでまたキング・オブ・4WDの地位を確実なものにした。
ラダーフレームにリジッドサス、フルタイム4WDにトルセンLSD、センターデフロックにローレンジ、KDSSに車高調整機能、クロールコントロールにマルチテレインセレクト。世界中どこを探してもここまでオフロードにこだわったSUVは他にない。
しかし今や、時代のキーワードは環境だ。ライバル達は軽量化やエンジンのダウンサイジング化を始め、役割を明確化してあれもこれも全部取り、という在り方は少なくなっている。ランクルの旗艦といえど、この流れに逆らうことは難しい。世界最高峰のオフローダーとしての顔、プレミアムな顔、中東への顔、途上国への顔、母国への顔。そして環境に優しい顔。全てを1台で追い続けることが可能なのか? 大型化、多機能化へまっしぐらに進んできた開発陣はランクル史上最も難しい問題と向き合うことになる。
ランクル200は熟成の域を迎えた。今、命を預けるのにコイツに勝るクルマはない。技術陣の想いは熱く、費用対効果は素晴らしく高い。私にはどんな高級スポーツカーより魅力的に映る。でも未来を預けることができるのか? と言われれば一寸考る。できればもう一歩「環境」とのバランスをとって欲しい。彼らになら可能だと思う。

 

IMG_4048IMG_4068

SPECIFICATION / LANDCRUISER 200 ZX
■全長× 全幅× 全高… …………………………………… 4,950×1,970×1,880mm
■ホイールベース…………………………………………………………… 2,850mm
■トレッド(F/R)… ………………………………………… 1,640mm /1,635mm
■最低地上高…………………………………………………………………… 225mm
■最小回転半径…………………………………………………………………… 5.9m
■車両重量………………………………………………………………………2,690kg
■乗車定員…………………………………………………………………………… 8 名
■エンジン形式………………………………………… V 型8 気筒DOHC ガソリン
■総排気量………………………………………………………………………4,608cc
■圧縮比…………………………………………………………………………… 10.2
■最高出力………………………………………… 234kW(318PS)/ 5,600rpm
■最大トルク…………………………………… 460Nm(46.9kgm)/ 3,400rpm
■燃料/ タンク容量……………………………………… プレミアムガソリン/ 93ℓ
■トランスミッション……………………………………………………………… 6AT
■副変速比……………………………………………………Hi:1.000 / Lo:2.618
■サスペンション……………… F:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング
… …………………………………………………… R:リジッド式コイルスプリング
■ブレーキ…… F:ベンチレーテッドディスク R:ベンチレーテッドディスク
■タイヤ…………………………………………………………………… 285/50R20
■価格…………………………………………………………………… 6,300,000 円(発売時)
■問い合わせ先:http://toyota.jp